資源リサイクル事業 MATERIAL

資源リサイクル事業

限られた資源を、限りなく。

産業廃棄物やビルの解体現場などから生じる金属スクラップを選別し、貴重な産業資材へ再生。

高層ビルや橋、鉄道など社会の重要なインフラを築く資材となる鉄。 しかし、鉱物資源の少ない日本では、原料となる鉄鉱石を海外からの輸入に頼っているのが現状です。 一方で、日常生活や事業活動からは大量の金属スクラップが排出されています。 その中には、資源として再利用できるものが多く含まれており、言わば「ゴミの山は、宝の山」。

鈴木商会は産業廃棄物や解体現場などで生じる金属スクラップ(鉄・非鉄)を回収し、自社工場で適切な加工・処理のもとリサイクル。 おもに長尺ものはギロチンシャーで圧縮切断し規格サイズに加工した後、道内の製鋼メーカーなどへ供給します。 鉄以外の不純物が付着しているものは、シュレッダープラントにて破砕処理後、磁気選別で鉄スクラップを取出し再び建設資材に。 鉄はリサイクル可能なすぐれたマテリアルでもあるのです。

世界的に鉄の需要が急増する今日、 私たちは道内製鋼・鋳物メーカーなどを中心とする企業ニーズに、質の高い加工技術と安定供給でお応えしています。 また、海外への輸出販路を確保しており、道内各地の港から船積みし、国際的需要に応えています。

業務内容

シュレッダー
環境保全にも配慮し、高純度な製鋼原料を再生。

シュレッダー 石狩新港工業地域内にあるシュレッダープラントでは、粗破砕を行うプレシュレッダーとシュレッダーによる高効率な2段階破砕で、 事前に選別処理された、廃自動車やOA機器、家電、自動販売機、などの再資源化に対応。 約2〜10cmの大きさに破砕処理されたスクラップは、磁気選別により鉄と非鉄金属に仕分けされます。 鉄は純度の高い製鋼原料として製鋼メーカーへ送られ、非鉄金属はさらに風力選別にてダストを取り除いた後、 手選別により銅、ステンレス、アルミなどに分けられ素材別に再生。 防塵、防振、防爆対策など、公害・災害防止への環境保全にも万全に配慮した設備です。

ギロチンシャー
道内最大級の処理能力で、大型スクラップを圧縮切断。

ギロチンシャー 鉄工場・鉄工関連企業が集まる発寒鉄工団地に展開する札幌西事業所のほか、全道数箇所の事業所に導入したギロチンシャーで、 おもに、鉄骨・鉄筋などの鉄スクラップの圧縮・切断処理を行っています。 とくに、札幌西事業所の1600トンギロチンシャーは、道内トップレベルの処理生産能力を誇ります。 1度に大型トラック1台分の材料を投入でき、様々な形状を圧縮・切断し一定サイズの製品に加工。 各拠点のギロチンシャーが常時稼働することで、道内メーカーへ安定供給を実現。 その後、製鋼メーカーで溶解・圧延され、丸棒などの建築資材に生まれ変わり、再び社会に役立てられます。

非鉄金属

潰した非鉄金属 回収した非鉄金属

鉄以外の非鉄金属スクラップなども自社工場で加工処理しています。ステンレスは流し台をはじめとする厨房機器、 建築資材、工場・商店の機器などに生まれ変わります。 また、サッシや車のホイールなどのアルミニウムは、道内最大規模を誇る苫小牧のアルミプラントで成分規格に応じたアルミインゴットに加工。 使用済みの自動車用バッテリーなどに含まれる鉛は、適正に回収・処理し、リサイクルを行っています。 また、電気電子機器のプリント基板等から金・銀・貴金属及びレアメタルの回収もしています。

主なレアメタルの回収品
ニッケル クロム タングステン タンタル リチウム パナジウム プラチナ
蛍光X線分析器

蛍光X線分析器で分類された非鉄金属 蛍光X線分析器で分類された銅

数種類の元素が含有している合金は、含有成分値により価値が違います。 蛍光X線分析器はわずか数十秒で、合金中の21元素を測定でき入荷した金属の判別をし適正な評価・選別が可能となります。